2016年12月16日 星期五

登,帳,興味,登場,着物,手帳,手帖

日経MJウォッチ ガール、沸き立つ - 日経MJ 10/4(月)



領頭字

解形
《說文》:“帳,張也。人岙人巾,長聲。”段玉裁注:“以疊韻為訓。《釋名》曰:‘帳,張也,張施於爿岙木上也。小帳曰斗帳,形如覆斗也。’古亦借張字為之。”
注音
釋義
(一)zhang4《廣韻》知亮切,去漾知。陽部。(1)爿岙木帳。《爾雅‧釋訓》:“幬謂之帳。”《釋名‧釋爿岙木帳》:“帳,張也,張施於爿岙木上也。”《淮南子‧道應》:“偷則夜解齊將軍之幬帳而獻之。”宋蘇軾《寄蘄簟與蒲傳正》:“霧帳銀爿岙木初破睡,牙籤玉局坐彈棋。”巴金《家》十:“他有時候連書也不想看,直伸伸地躺在爿岙木上,睜起眼睛望圽㶊目帳頂出神。”
(2)帷幕;帳幕。《玉篇‧巾部》:“帳,帷也。”《文選‧班固〈東都賦〉》:“供帳置乎雲龍之庭。”李善注引張晏曰:“帳,帷帳也。”唐高適《燕歌行》:“戰士軍前半死生,美人帳下猶歌舞。”唐馬戴《出塞詞》:“卷旗夜劫單于帳。”
(3)古代游牧民族計算人戶的單位。因他們逐水草而居,每戶住一頂帳篷,故按帳計人戶數。《後漢書‧西域傳》:“更立阿羅多為王,仍將卑君還敦煌,以後部人三百帳別屬役之,食其稅。帳者,猶中國之戶數也。”《張義潮變文》:“有背叛迴鶻五百餘帳,首領翟都督等將迴鶻百姓已到伊州側。”
(4)遼代皇族機構的名稱。《遼史‧百官志》所載官制有“北面皇族帳官”、“北面諸帳官”、“遙輦帳節度使司”等。《遼史‧百官志一》:“大國舅司,掌國舅乙室已、拔里二帳之事。太宗天顯十年,合皇太后二帳為國舅司;聖宗開泰三年,又併乙室已、拔里二司為一帳。”又為遼代軍隊編制單位。《續資治通鑑‧宋太宗雍熙四年》:“有白萬德者,真定人,為遼貴將,統緣邊兵七百餘帳。”



(5)同“賬”。1.帳目,關於錢物出入的記載。如:記帳;查帳;流水帳。《正字通‧巾部》:“帳,今俗會計事物之數曰帳。”《鏡花緣》第七十八回:“無可奈何,只得忍痛還了菜帳。”《老殘遊記》第十九回:“吳二浪子說:‘再賭一場,一統算帳。’”
2.帳簿,登記帳目的冊子。清翟灝《通俗編》卷十:“幃幄曰帳,而記簿亦曰帳者,運籌必在幃幄中也。今市井或造賬字用之,諸字書中皆未見。”《周禮‧地官‧遺人》“鄉里之委積以恤民之艱厄”唐賈公彥疏:“此下數者,皆謂當年所稅多少總送帳於上。”《隋書‧高祖紀下》:“凡是軍人,可悉屬州縣,墾田籍帳。”《續資治通鑑‧宋徽宗崇寧三年》:“蓋以土色肥磽別田之美惡,定賦多寡,方為之帳。”
3‧債權;債務。如:放帳;欠帳。



 手帳”经常见,“帖”不是常用汉字所以不常见吧。意思上没有多大区别。查了一下汉和辞典,“帳”=(写入用)把纸钉在一起的本。

By MJウォッチ編集部
20~30代の女性たちの間で、日本の茶道に興味を持つ「ガール」がじわり増えている。肩ひじを張らない茶会や教室が開かれ、敷居が高いと思われた茶道を手軽に楽しめるようになったのが主な理由。ガールを当て込んだイベントや新商品も登場している。 ...




30.   部首   部首外筆畫 7 總筆畫 12
 注音一式 ㄉㄥ
 漢語拼音 d n   注音二式 d ng

上、升。由低處到高處。如:「山」、「峰造極」、「一步天」、「捷足先」。禮記˙中庸:「君子之道,辟如行遠必自邇,辟如高必自卑。」宋˙陳與義˙臨江仙˙憶昔午橋橋上飲詞:「閒小閣看新晴。古今多少事,漁唱起三更。」

進用、提拔。管子˙小匡:「退而察問其鄉里,以觀其所能,而無大過,以為上卿之佐。」唐˙韓愈˙八月十五夜贈張功曹詩:「昨者州前搥大鼓,嗣皇繼聖夔皋。」

成熟。孟子˙滕文公上:「五穀不,禽獸偪人。」宋˙蘇軾˙荔支歎詩:「雨順風調百穀,民不飢寒為上瑞。」

記錄、刊載。如:「記」、「報」、「帳」、「刊」。

科舉考試合格被錄取。唐˙鄭谷˙贈劉神童詩:「還家雖解喜,第未知榮。」新唐書˙卷一六八˙劉禹錫傳:「博學弘詞科,工文章。」

收取別人物品時的敬詞。如:「拜厚賜」。

北方方言。指穿。如:「腳長筒靴」。文明小史˙第四十九回:「上面套著棗紅鐵線紗夾馬褂,底下著緞靴。」

 3. 登場
 注音一式 ㄉㄥ ㄔㄤˊ
 漢語拼音 d n  ch n   注音二式 d ng ch ng
 相似詞  上臺  相反詞  退場
登臨舞臺。引申為上場。紅樓夢˙第一回:「亂烘烘,你方唱罷我登場,反認他鄉是故鄉。」
臨考場。唐˙柳宗元˙上大理崔大卿應制舉不敏啟:「登場應對、刺繆經旨,不可以言乎學。」
當時、當場。水滸傳˙第十二回:「差兩員相官,帶了仵作行人,監押楊志并眾鄰舍一干人犯,都來天漢州橋邊,登場檢驗了,疊成文案。」
五穀成熟。宋˙孔平仲˙禾熟詩:「百里西風禾黍香,鳴泉落竇穀登場。」


発売から20年を迎えた伊藤園の緑茶飲料「お~いお茶」の新CM発表会が11日、都内で行われ、CMに出演した中谷美紀、市川海老蔵、三浦春馬が出席した。
伊藤園「お~いお茶」の新CM発表会に出席した中谷美紀(中央)、市川海老蔵(右)、三浦春馬
1985 年に世界初の緑茶飲料「缶入り煎茶」を発売し、途中1989年に「お~いお茶」にネーミングを変更しながら、親しまれてきた同製品が発売 20周年を迎え、同社は新CMを制作。「お~いお茶 緑茶」には三浦が、「お~いお茶 濃い味」には中谷が、「お~いお茶ほうじ茶・玄米茶」には市川がそれぞれ出演する。
発表会には3人が着物姿で登場。1995年よりCMキャ ラクターを務めている中谷は「私自身が定まらない頃から出演させていただいていて、伊藤園さ んに育てられた感じです。CMをきっかけに茶道を習い始めましたし、濃い味は、茶葉をふんだんに使っていてハマッてしまいました」と同製品との長い付き合 いを感じさせるコメントを。CMで舞を披露した市川は「ほうじ茶は男性的に、玄米茶は女性的に演じてみました」と撮影を振り返った。

きもの 0 【着物】


    • (1)身に着るもの。衣服。
      • 「―を着る」
    • (2)(洋服に対して)和服、特に長着をいう。


  • ◆アクセント : きもの 0

きもの 着物


    《和服》a kimono; 《衣服》clothes; 《総称》clothing.
    • 〜を着る[脱ぐ] put on [take off] one's clothes; dress [undress] oneself.
    • りっぱな[みすぼらしい]〜を着ている be well [poorly] dressed.

興味

趣味。唐˙李中˙思九江舊居詩三首之二;「門前煙水似蕭湘,放曠優游興味長。」

沒有留言: