2016年2月24日 星期三

瀾,洄,洄瀾,波瀾,華麗,全盛,轉身,轉過身, 縈迴,進退縈迴

在1973年的一篇關於現代宇宙學的論文中,方勵之想到了伽利略,當權者指責這門學科是「資產階級」和「墮落」的,中國共產黨和中世紀天主教會之間因此有了一種神合。也許在20世紀看來有些荒誕,但後愛因斯坦時代的宇宙論和恩格斯的一些(錯誤的)淺略之談是相抵觸的——方勵之因此寫道,「任何一個懂物理的人都不會轉過身去,承認馬列主義是一種高於一切的特殊智慧。」



 七月,王夫之前往桂林依瞿式耜。不久與襄陽鄭儀珂之女結婚[6]。兵敗後潛回廣東廣西李定國收復衡陽時,派人招請王夫之,「進退縈迴」,始終未去成[7]


微瀾


 1. 波瀾
 注音一式 ㄅㄛ ㄌㄢˊ
 漢語拼音 b  l n  注音二式 b  l n
 相似詞  波濤﹑波浪  相反詞 
波浪﹑波濤。文選˙劉楨˙雜詩:「安得肅肅羽,從爾浮波瀾。」宋˙范仲淹˙岳陽樓記:「至若春和景明,波瀾不驚,上下天光,一碧萬頃。」
比喻世事或人心的起伏變化。晉˙陸機˙君子行:「休咎相乘躡,翻覆若波瀾。」唐˙李白˙古風詩五十九首之二十三:「人心若波瀾,世路有屈曲。」
比喻文章氣勢壯闊。唐˙杜甫˙追酬故高蜀州人日見寄詩:「文章曹植波瀾闊,服食劉安德業尊。」唐˙方干˙越中逢孫百篇詩:「上才乘酒到山陰,日日成篇字字金;鏡水周迴千萬頃,波瀾倒瀉入君心。」


は‐らん【波×瀾/波乱】

    大小の波。波濤(はとう)
    「砂の浜に下りて海の―を見る」〈鴎外・妄想〉
    激しい変化や曲折のあること。また、そうした事態。騒ぎ・もめごとなど。「―に満ちた生涯」「政局は―含みだ」
はらんばんじょう【波瀾万丈】
劇的な変化に富んでいること。「―の人生」



 1. 華麗
 注音一式 ㄏㄨㄚˊ ㄌ|ˋ
 漢語拼音 hu  l   注音二式 hu  l 
 相似詞 富麗、華美、綺麗、壯麗  相反詞 樸素
華美豔麗。晉書˙卷四十一˙劉寔傳:「及位望通顯,每崇儉素,不尚華麗。」紅樓夢˙第五十一回:「鳳姐看襲人頭上戴著幾枝金釵珠釧,倒華麗。」
かれい【華麗】
splendor,((英)) splendour; magnificence華麗な 〔輝くように豪華な〕splendid; 〔壮麗な〕magnificent; 〔華美な〕gorgeous 華麗な...
かれいな【華麗な】
〔輝くように豪華な〕splendid; 〔壮麗な〕magnificent; 〔華美な〕gorgeous 華麗な舞踏会a magnificent [gorgeous] ball


全盛:
非常興隆壯盛。唐˙杜甫˙憶昔詩二首之二:「憶昔開元全盛日,小邑猶藏萬家室。」

ぜんせい 0 1 【全盛】

(1)最も盛んな状態にあること。
「―をきわめる」「―期」
(2)遊女などが、客が多くついて繁盛すること。
「殊に―して親方に大分儲けてくれられた此の太夫/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(下)」
(3)見えを張ったおごり。みせびらかし。
「我が女の手前の―こそ愚なれ/浮世草子・一代女 4」

三省堂提供「大辞林 第二版」より凡例はこちら

(at))the height of prosperity.
~を誇る be in all one's glory; enjoy great popularity.
全盛時代[期] one's best days; the golden age.

オスカー・ピーターソンさん死去 ジャズピアノの巨匠

2007年12月25日10時03分
 ジャズピアノ界の巨匠、オスカー・ピーターソンさんが23日、腎不全のため、カナダ・トロント郊外の自宅で死去した。82歳だった。AP通信が伝えた。
写真05年7月、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルで演奏するオスカー・ピーターソン氏=ロイター
グラミー賞の7回受賞を始め、数々の音楽賞を総なめにし、20世紀最高のジャズミュージシャンの一人とされる。卓越した技巧と華麗さ、力強さを兼ね備え た演奏スタイルで、モダンジャズの歴史に名を刻んだ。日本にも数多くのファンを持ち、53年に来日した際、穐吉敏子(あきよし・としこ)の演奏に注目、米 国デビューのきっかけになった。99年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。
 カナダ・モントリオール生まれ。父は鉄道のポーター で、幼い頃からピアノを習い、地元で演奏活動を始めた。49年、20代でニューヨー クのカーネギーホールでデビューを果たし、全米の注目を浴びた。スタンダード曲などを集めた「プリーズ・リクエスト」などを発表。全盛期にエラ・フィッツ ジェラルド、レイ・ブラウンらジャズ界の巨人と共演。93年に脳卒中を患ったが、リハビリをしてその後も活動を続け、半世紀以上にわたって頂点に立ち続け た。



諾基亞本週三將在倫敦召開年會併發佈首款智能手機系列產品﹐這對於業績不斷下滑的諾基亞能否實現華麗轉身有著重要意義。


【詞語】:轉身  【注音】:zhuǎn shēn【釋義】:1.轉動身體,改變面對著的方向。 2.動身迴轉。 3.寡婦改嫁。 4.去世。 5.標示時間很短:一~就不見了。  【基本解釋】:[turn round;face about] 轉過身子看後面或側面的東西;轉過身來  轉身對著門

  【詳細解釋】:1. 轉動身體,改變面對著的方向。南朝陳後主《舞媚娘》詩之三:“轉身移佩響,牽袖起衣香。” 唐韓偓《复偶見三絕》之一:“別易會難長自嘆,轉身應把淚珠彈。” 楊朔《英雄時代》:“她轉身一看,一個同志埋到土裡。”  2. 動身迴轉。《醒世恆言·徐老僕義憤成家》:“那主人家得了些小便宜,喜逐顏開,一如前番,悄悄先打發他轉身。”《二十年目睹之怪現狀》第一○六回:“在侯家後又胡混了兩個多月,方才自己一個人轉身到上海。”  3. 寡婦改嫁。《京本通俗小說·錯斬崔寧》:“卻說那劉大娘子到得家中,設個靈位守孝過日,父親王老員外勸他轉身,大娘子說道:'不要說起三年之久,也須到小祥之後。'父親應允自去。”《何典》第四回:“老話頭:臭寡婦不如香嫁人。但是人家花燭夫妻,還常常千揀萬揀揀著了頭珠瞎眼。若是晚轉身,越發不好揀精揀肥。”  4. 去世。明李贄《又與周友山書》:“至於轉身之後,或遂為登臨之會,或遂為讀書之所,或遂為瓦礫之場,則非智者所能逆為之圖矣。”





據 《花蓮縣志》卷二,「昔人稱今之花蓮溪右岸曰洄瀾港,簡稱洄瀾,以溪水奔注與海浪衝擊做縈迴狀得名,唯起 自何時不可考。」清嘉慶17年(1812年),部分漢人開始從宜蘭移墾,向阿美族人購得荒埔地一塊,名曰「祈來」(即「奇萊」)。咸豐7年(1857 年),宜蘭漢人數十名移居花蓮溪口,建茅屋,成聚落。


1. 縈迴
 注音一式 |ㄥˊ ㄏㄨㄟˊ
 漢語拼音 y n  hu   注音二式 y ng hu i
曲折迴繞。北魏˙酈道元˙水經注˙若水注:「高山嵯峨,巖石磊落,傾側縈迴,下臨峭壑。」唐˙王勃˙滕王閣序:「鶴汀鳧渚,窮島嶼之縈迴。」

蜿蜒曲折的水道。詩經˙秦風˙蒹葭:「溯從之,道阻且長。」唐˙李白˙送別詩:「尋陽五溪水,沿直入巫山裡。」


水流盤旋迴轉的。後漢書˙卷七十六˙循吏傳˙王景傳:「十里立一水門,令更相注,無復潰漏之患。」
















大波浪。說文解字:「,大波為。」如:「力挽狂」、「波壯闊」。孟子˙盡心上:「觀水有術,必觀其。」趙岐˙注:「,水中大波也。」
ㄌㄢˋ ln(03345)
見「瀾漫」、「瀾汗=」等條。
水勢浩大的樣子。文選˙木華˙海賦:「洪濤汗,萬里無際。」


見「漫」、「汗」等條。
12. 
注音一式 ㄌㄢˋ ㄇㄢˋ
漢語拼音 l n m 注音二式 l n m
雜亂分散的樣子。淮南子˙覽冥:「主闇晦而不明,道漫而不修。」文選˙王˙洞簫賦:「漫,亡耦失疇。」亦作「爛漫」。
色彩華麗駁雜的樣子。晉˙左思˙嬌女詩:「濃朱衍丹脣,黃吻漫赤。」
歡情淋漓的樣子。文選˙嵇康˙琴賦:「留連漫,嗢噱終日。」

沒有留言: