2016年11月23日 星期三

喜寿,茶壽,茶會,茶話會,培力平台

田聖山教授喜寿記念論集(『禅文化研究所紀要』24号、1998年)


相期以茶

 馮友蘭與金岳霖同庚。1983年,兩位老先生在做88米壽(米字拆開是八十八)時,馮友蘭寫了兩副對聯,一副給自己,一副送金岳霖。給自己的一副是:何止于米,相期以茶;胸懷四化,意寄 三松。意思是不能止于米壽,期望能活到茶壽(茶壽:是108歲,字上面是二十,下面也可拆為八十八),我為國家四化的實現而努力, 意寄陶淵明撫松而徘徊的境界,並不計較現實的得失,意境很高遠。給金嶽霖的對聯是:何止于米,相期以茶;論高白馬,道超青牛。前兩句同,後兩句是對金岳霖邏輯和論道方面的讚歎:論辯比公孫龍的白馬非馬論要高;論道超過騎著青牛的老子。





年祝いの名前年齢意味や由来
還暦(かんれき)61歳皆さんご存知の干支は十干と十二支の組み合わせからできているものとされています。この十干と十二支の組み合わせは60種類あり、自分の生まれた年と同じ干支が回ってくることで生まれ変わりを意味しそれがちょうど六十一歳の時になうと言われています。生まれ直すという意味から赤い頭巾やチャンチャンコが贈られます。還暦の呼び方は他にも「本卦がえり」ということがあります。
古希(こき)70歳古希という呼び方の由来は中国の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀なり」からとられているとされています
喜寿(きじゅ)77歳喜寿の由来は喜の文字が七・十・七と分解されることからこの名前がつけられました
傘樹(さんじゅ)
八十寿(やそじゅ)
80歳傘寿の傘の由来はこの文字を分解すると八・十二分解できることが由来しています
半寿81歳半寿の由来は八・十・一に分解されることから半という文字が当てられています
米寿(べいじゅ)88歳米寿の米という文字が選ばれている理由は八・十・八に分解できるということが由来しています
⇒ 米寿のお祝いについて詳しく知る
卒寿(そつじゅ)90歳卒寿の卒の文字は俗字が「卆」となっており九・十に分解できることが由来しています
白寿(はくじゅ)99歳白寿の白が当てられている由来に百という文字から一を引くと九十九二なるということが由来しています。
百賀(ひゃくが)
百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)
上寿(じょうじゅ)
紀寿(きじゅ)
100歳六十歳を下寿、八十歳を中寿、とされており百歳を上寿とするようになりました
茶寿(ちゃじゅ)108歳茶寿の茶は十が2つと八十八に分解できることから合計が百八になることが由来しています
皇寿(こうじゅ)
川寿(せんじゅ)
111歳皇寿の皇の文字は白と王に分けることができます、白が九十九の意味、王が十二という意味をもち合わせて百十一となることから付けられました。
川寿というのは川という文字が111に見えることから
珍寿(ちんじゅ)112歳珍寿の珍の文字は112歳まで生きるのは珍しいということが文字の由来になっています
天寿(てんじゅ)118歳天寿の天の文字が一・一・八に分解されることが由来しています
大還暦
(だいかんれき)
121歳
(満120歳)
これは還暦を2回迎えた人を祝うことを表します。二度生まれ変わるというのはとてもすごいことです。ギネス記録とほぼ同じ年齢であることから世界の中でもとても長寿な方をお祝いします。


宮崎・永平寺貫首死去 「県民に大きな損失」


県内各界から悼む声

宮崎貫首の逝去を悼み、法要で経を読み上げる雲水ら(曹洞宗大本山永平寺で)
今年、数え年で108歳の茶寿となる曹洞宗大本山永平寺貫首の宮崎奕保(えきほ)師が5日早朝、穏やかに逝った。長きにわたり禅の道をまい進し、多くの人々に感銘を与えてきた貫首の死を悼む声が、県内各界から聞かれた。
 関係者によると、宮崎貫首は昨年12月初旬ごろから体調を崩して札幌市の札幌医科大に入院し、肺炎の治療を受けた。回復後の同月下旬から、静養のため同市内の別の病院に転院していたという。
 今月2日に永平寺で営まれた新春恒例の拝賀式は欠席し、貫首代行を務めた森嶺雄(れいゆう)・監院(かんにん)老師が「108歳の茶寿を迎えることができ、前世からの巡り合わせと、皆さんのおかげだと感謝している」との年頭の言葉を読み上げていた。
 貫首の死去を悼む法要はこの日午後5時から同寺の光明蔵(こうみょうぞう)で執り行われ、雲水ら約90人が参列。森監院老師が「禅師さまは生涯を全うされました」と話したあと、経が読み上げられた。

2006年9月、福井市内で開かれた県宗教フォーラムで講演する宮崎貫首(右)
法要後、同寺で記者会見が開かれ、松崎昭元・副監院老師は「身を正しくしてこそ心も正しくなるとの教えを説かれていた。何も語ることなく自らのふるまいを見せ、修行とは何であるかを示されていた」と振り返った。
 14年にわたって貫首を務め、在職期間は明治時代以降、過去3番目に長かったという。信者に対しては平易な言葉で開祖の道元禅師の教えを説き、全 国各地の寺を精力的に回った。近年も1万巻にわたる写経を行うなど、精力的に活動していた。7日には茶寿を祝う会も同寺で開かれる予定だったという。6日 から同寺に記帳所が設けられる。
 県宗教連盟理事長の武田瑞啓(ずいけい)・安養寺住職(福井市足羽)は、宮崎貫首が2006年9月に福井市内で開かれた「県宗教フォーラム」で、 命と平和の尊さを訴えた姿が忘れられないという。「フォーラムの際、『自分の信じる道を精いっぱい務めなさい』と優しく声を掛けていただいた。本当に穏や かな方だったが、自分自身には厳しく、ご高齢であっても座禅は欠かさなかったと聞いている。県内にとどまらず、日本にとって誇りとなる方を亡くした」と話 していた。
 西川知事は「あまりに突然の訃報(ふほう)に驚いている。宗教界はもとより、県民にとって大きな損失で、誠に残念。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げるとともに、心からご冥福(めいふく)をお祈りする」とのコメントを発表。
 松村文雄・永平寺町長は「1月2日の拝賀式で1日も早いご回復を願ったところでした。町民の心のよりどころだったので非常に残念です」とコメントした。
2008年1月6日 読売新聞)




「各位社區教育培力平台的夥伴:

大家晚安!
我們的核心團隊成員「世界宗教博物館」
將於2006/11/09-2007/01/28舉辦「雙和人地方文史展」

展覽的開幕茶會暨開館五週年慶,
將於明天(11/09四)下午兩點鐘舉辦。
敬邀大家一同來襄盛舉!

培力平台秘書處 永和社大」(2006/11/08)

這文件,我【代表"財團法人人文促進基金會"】花不少力氣讓它"合理"…..。不過,我對於文件中的"培力",竟然愛莫能助。上周四的討論,我是唯一坦承我看不懂這新詞,會不會是"培養"?

我所得的答案是:「鍾老師,你息影江湖久矣!此培力為近日頗流行之EMPOWERMENT 是也……


(China Drafts Law to Empower Unions and End Labor Abuse
By DAVID BARBOZA
American and other foreign corporations have hinted that they may
build fewer factories in China if the law is adopted.)

這字(EMPOWER),我20年前在美國公司的同事聽來的,還笑他們胡說八道。之後20年,我至少碰到約一打的漢字翻譯…….不過沒料到教育界來這一培力……」
------

Definition
empower
verb [T]
to give someone official authority or the freedom to do something:
[+ to infinitive] This amendment empowers the president to declare an emergency for a wide range of reasons.
The first step in empowering the poorest sections of society is making sure they vote.

━━ vt. …に権能を与える; …できるようにさせる.


empowering
adjective
Something that is empowering makes you more confident and makes you feel that you are in control of your life:
For me, learning to drive was an empowering experience.

empowerment
noun [U]━━ n. 権利付与.

(from Cambridge Advanced Learner's Dictionary)




 茶會
供應茶點的集會。文明小史˙第五十二回:「接到一封華字信,是三個著名大商人在家裡開茶會,請他去赴會。」亦稱為「茶話會」。
一種北平香會。設茶供人飲用。
商人群聚茶館中談交易稱為「茶會」。

新年茶話会で 演説し

沒有留言: