2014年7月17日 星期四

禊,流觴曲水,「禊の儀」

古人依修禊的習俗,在每年陰曆的三月三日,在水邊盥洗,藉以驅邪。後來參加者坐在曲折環繞的水流旁,在上游放酒杯,任它順水流下,停在何處,則由某人取酒杯而飲。晉˙王羲之˙蘭亭詩序:「又有清流激湍,映帶左右,引以為流曲水。」

写真
 能美市佐野町の狭野神社で、境内や本殿を掃除した後にお茶を楽しむ「禊(みそ)ぎカフェ」が毎月14日に開かれている。気軽に神社を訪れてもらう機会として今春にスタート。参加者からは「神聖な場所を掃除すると気持ちもすっきりする」と好評を得ている。(世古紘子)
み‐そぎ【禊】
1 身に罪や穢(けが)れのある者、また神事に従事しようとする者が、川や海の水でからだを洗い清めること。 2 陰暦6月晦日(みそか)、諸社で行う夏越(なごし)の祓(はらえ)の行事。《季 夏》



Footsteps

Kyoto Celebrates a 1,000-Year Love Affair


Ko Sasaki for The New York Times
The spirit of Murasaki Shikibu, author of “Tale of Genji,” abounds in Kyoto, as at a purification ceremony with period costumes at the Jonengu shrine.



京都・葵祭 ヒロイン斎王代が「禊の儀」 下鴨神社


 京都三大祭り、葵祭の15日開催を前に、ヒロイン役の「斎王代(さいおうだい)」が4日、世界遺産下鴨神社京都市左京区)で「禊(みそぎ)の儀」に臨んだ。フタバアオイの葉を頭にかざし、十二ひとえに身を包んで、境内の御手洗(みたらし)川に両手の指先をそっと浸して身を清めた。第58代目となる斎王代は、京都市出身で東京・聖心女子大3年の長瀬摩衣子さん(20)。
 長瀬さんは約600人の参拝者に見守られ、儀式を終えると、「十二ひとえは平安の昔を思い起こす重みがあった。身も心も清らかになり、祭り当日は笑顔で務めたい」と話した。
 祭りの行列は15日午前10時半に京都御所を出発し、下鴨神社を経て上賀茂神社に向かう。

 http://www.asahi.com/national/update/0504/OSK201305040081.html?ref=com_top_photo
【動画】斎王代が「禊の儀」=岡田匠撮影
写真:御手洗川の水で身を清める第58代斎王代の長瀬摩衣子さん=4日、京都市左京区の下鴨神社、戸村登撮影拡大御手洗川の水で身を清める第58代斎王代の長瀬摩衣子さん=4日、京都市左京区の下鴨神社、戸村登撮影


(みそぎ)とは、神道用語で2つの意味がある。

禊のひとつ滝行を行う男性

禊場である打たせ滝(伊屋ヶ谷・龍樹院)
  1. 神道で自分自身の身に穢れのある時や重大な神事などに従う前、又は最中に、自分自身の身を氷水、で洗い清めること。類似した水垢離(みずごり)と呼ばれるものがある。
    用例は万葉集より「君により言の繁きを 故郷の明日香の河に禊しにゆく」 (巻4-626)[1]
  2. 禊祓(みそぎはらえ)の略。俳句短歌などでは、夏の季語に用いられる。

目次

通過儀礼 [編集]

地域によっては、一定の年齢に達した児童は通過儀礼としての禊をする事によって初めて“一人前”と認められる場合がある。
服装は白装束が原則だが、男子はで行う場合もある。
褌の場合、白の越中褌が原則だが白の六尺褌の場合もある。

裸祭りとの関係 [編集]

各地の裸祭りの中には、通過儀礼としての禊が祭り化されたものも多い。
禊型の裸祭りでは真冬に氷水を浴びたり川や海に入る場合が多いが、この変形として温泉の湯、泥、甘酒赤飯、等を掛け合うものもある。
御輿等を担ぎながら水を浴びたり川や海に入る場合も多いが、これも禊の一種と考えられる。

現代における禊 [編集]

  • 神事の前に於ける行として、一般参拝者が手水で清めることも禊の一種である。
  • 一方で川や海、滝に入る禊を行う者もある。神社関係者などの研修会等で行われる他、寒中に精神鍛錬の意味合いをもって、神社が主催し、氏子らを集めて行う事もある。
  • 武道修行者が上記の機会等に、寒稽古の一環として行うこともある。また稽古の前に冷水を浴びてから稽古を行う武道家もいる。

現代の用法 [編集]

  1. に示した意味が転じて、現代ではスキャンダルのある政治家が、選挙を勝ち抜くことによって政治責任に区切りをつけたとする場合に「禊は済ませた」という。有権者が公知のスキャンダルを知った上で選出した以上、政敵やジャーナリズムなどによる政治責任追及に対して「選挙区の民意」という抗弁材料を得ることになる。ただし刑事責任の免責を意味するものではない。
用例としては「××先生が禊をする」。

関連項目 [編集]

  • みそぎをする川。夏の季語。源氏物語第9巻(の巻)に次のような箇所がある。「たち出でて給えりし禊川の荒がりし瀬に」。
  • 禊祓(みそぎはらえ)- 禊は身体の穢れの浄化、祓は精神の穢れの浄化。
  • 大祓(おおはらえ) - 六月晦と大晦日に行う禊祓(⇒大祓詞)。
  • 沐浴
  • 川面凡児:現在の神社神道における禊作法は、昭和戦前期に川面凡児が行っていたものに基づく。
  • 今泉定助:現在の神社神道における禊作法(川面凡児流の禊作法)を普及させたのは、昭和戦前期の神道界の指導者今泉定助であった。
  • 忌み

参考 [編集]

  1. 御衣木(みそぎ)とは、神仏の像を作るのに用いる木材のこと。檜(ひのき)・百壇(びゃくだん)・栴檀(せんだん)・朴(ほお)の類の木が用いられる。
  2. 大祓(おおはらえ)とは、古来6月及び12月の晦日(つごもり)に、親王以下在京の百官を朱雀門の前に集めて、万民の罪や穢(けがれ)を祓った神事。現在も、宮中をはじめ全国各地の神社で行われる。中臣の祓とも呼ばれる。また、これらの神事から、俳句短歌では夏や冬の季語に用いられる。
  3. 禊や大祓(おおはらえ)は、太平洋戦争中、日本の軍国主義全体主義を正当化する考え方として、使われた[2]

参考文献 [編集]

脚注 [編集]

  1. ^ 八代女王獻天皇歌一首「君爾因 言之繁乎 古郷之 明日香乃河爾 潔身爲爾去」「一尾云 龍田超 三津之濱邊尓 潔身四二由久」
  2. ^ ジョン・ダワー、「容赦なき戦争」、猿谷要 監修、平凡社ライブラリー、2001年、379,383ページ

沒有留言: