2008年11月27日 星期四

恐喝

きょうかつ 0 【恐喝】

(名)スル
相手の弱点・秘密などを種におどしつけること。ゆすり。
「スキャンダルを種に―する」

きょうかつ 恐喝

blackmail; extortion.
~する blackmail; extort.
恐喝罪 charges of blackmail [extortion].

2008年11月24日 星期一

薄商い 淡い

台湾株式市場・大引け=反落、ハイテク株が安い
ロイター
[台北 24日 ロイター] 24日の台湾株式市場は反落して引けた。この日発表さ しを発表、逆行高となった。 加権指数.TWIIは10.56ポイント(0.25%)安の4160.54で終了。当 売買代金は458億台湾ドル(14億米ドル)と薄商い。 ...

あわ・い あはい 2 【淡い】

(形)[文]ク あは・し
(1)色・味・香りなどが薄い。
濃い
「―・い水色」「―・い甘さ」
(2)形や光などがぼんやりした状態だ。かすかである。ほのかである。
「―・い雲」「街灯の―・い光」
(3)関心や執着の度合が薄い。
「―・い恋心」「―・い希望」
(4)軽薄だ。軽々しい。
「なのめなる事だに、少し―・きかたに寄りぬるは、心とどむる便もなきものを/源氏(澪標)」
[派生] ――さ(名)

うす 【薄】

〔形容詞「薄(うす)し」の語幹から〕
(1)名詞・形容詞・動詞などの上に付く。
(ア)厚みが少ない意を表す。
「―紙」「―氷」
(イ)濃度や密度が少ない意を表す。
「―紫」「―味」
(ウ)程度が少ない意を表す。
「―曇り」「―明かり」
(エ)はっきりしない、なんとなくの意を表す。
「―気味悪い」「―ぼんやり」
(2)名詞の下に付いて形容動詞をつくり、度合が少ない意を表す。あまり…がない。
「品―」「期待―」「望み―」

うすあきない ―あきなひ 4 【薄商い】

市場の売買出来高が少なく市場の活気のないこと。薄取引。

2008年11月16日 星期日

地元、 "博客"、誘客、現地

【ロサンゼルス=堀内隆】米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で14日夜から15日にかけて山火事が多発、住宅地に燃え移った。州消防当局や地元メディア によると、数百棟の住宅が焼け、少なくとも20人が負傷した。シュワルツェネッガー州知事は15日、ロサンゼルス郡と隣接の2郡に非常事態宣言を出した。



じもと 地元


~の local.
地元紙 a local paper.
地元チーム a home team.
地元民 local people.

じもと ぢ― 0 3 【地元】


(1)その事に直接関係のある土地。ある物事の行われている土地。現地。
「―出身の大臣」「―の意見」
(2)勢力範囲の土地。
「―を荒らされる」


 "博客"誘客現地

"博客"似乎是大陸blogger之稱呼

"誘客"(日文)吸引客人

台湾で誘客セミナー 金沢商工会議所 現地の経済団体と連携
北國新聞
金沢商工会議所は二十六日、六月の小松―台湾定 期便の就航に向け、台北、高雄の経済 団体と連携して現地で観光誘客セミナーを開くなど、二 〇〇八年度の事業計画案を発表 ...

ゆうきゃく いう― 0 【誘客】


お客を誘致すること。
「―作戦」


TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の作者、David Arneson氏が死去
マイコミジャーナル
テーブルトークRPG「Dungeons & Dragons」(以下、D&D)公式サイトによると、D&Dの作者の1人であるDavid Lance Arneson氏が癌のため7日午後(現地時間)に死去した。享年61歳。 Arneson氏は、各プレイヤーがそれぞれ1人のキャラクターを演じる点や、冒険をしながら ...




2008年11月15日 星期六

「無上正等正覺」

無上正等正覺是指佛教修行上的最高覺悟、最高感受境界,此詞句可見於各佛經,如《金剛經》。



舍利佛聽佛說道而得「無上正等正覺」天龍八部有"人"捐其上衣供養佛


「無上正等正覺」一詞已是依據原意進行漢譯後的稱詞,若依據梵語的諧音直譯則為「阿耨多羅三藐三菩提」,或稱「阿耨多羅三藐三菩提心」 (anuttara-samyak-sambodhi), 即「至高無上的平等覺悟之心」,也就是「成佛」,其中「阿」即「無、沒有、無盡、無量」的意思,而「耨多羅」則為「更高、更上」的意思,「三」為「遍、普 遍、正確」的意思,「藐」則為「等位、階段」,即「平等」之意。「菩提」則是「覺知、感覺、感受、道統、智慧」。舊譯是「無上正遍知」或「無上正道」。所 謂「無上」就是「沒有更高、更上」的意思,即是指「最高」。

所謂「阿耨多羅三藐三菩提」已經是境界的智慧,佛家言「『得』阿耨多羅三藐三菩提」表示成佛。《心經》云:「三世諸佛,依般若波羅蜜多故,得阿耨多羅三藐三菩提。」;《金剛般若波羅蜜經》云:「若復有人,於此經中受持, 乃至四句偈等,為他人說,其福勝彼。何以故?須菩提!一切諸佛,及諸佛阿耨多羅三藐三菩提法,皆從此經出。須菩提!所謂佛、法者,即非佛、法。」、「復 次,須菩提!善男子、善女人,受持讀誦此經,若為人輕賤,是人先世罪業,應墮惡道,以今世人輕賤故,先世罪業則為消滅,當得阿耨多羅三藐三菩提」。

2008年11月14日 星期五

番地

七號,海角
"不過,丁丁又有問題啦。到底海角七號的七號,是指門牌號碼,還是地名的一部分(如「三」張犁)或區段地段號?丁丁不懂日文漢字用法,「台灣恒春郡海角七番地」的「地」,是指什麼呢?

p.s. 謝謝小布在老貓學出版提 供的答覆,丁丁又問了姑姑,原來「番地」是地塊的意思,英文是 lot 或 block (視分類層級而定)。七番地:第七號地段,不是第七號門牌號碼。所以海角與七號的關係,或許類似「台北郡基隆河畔一番地」的組成與意義?若依此脈絡,這個 日文地址全文,「譯」成中文「海角七號」,其實是指「海角七號地」:一個區塊,實際門牌號碼不詳,那麼譯成 Cape No. 7 (第七號岬區),還算不失正確。"

ばんち 番地

a house [street] number.

ばんち 0 【番地】

(1)土地を細かく区別するために、町・村・字などの地域を区分した区画につけた番号。
「―を頼りに尋ねる」
(2)アドレス(3)に同じ。


事情聴取

台湾・台北(Taipei)で、事情聴取のため検察施設に入る、陳水扁(Chen Shui-bian)前台湾総統の長男の陳致中(Chen Chih-chung)氏(右)とその妻の黄睿●(Huang Jui-ching、●は青ヘンに見)氏(2008年11月14日撮影)。(c)AFP/Sam YEH 【11月14日 AFP】台湾の検察当局 ...




ちょうしゅ 聴取

~する 《ラジオを》listen to ((the radio)); hear ((a speech on [over] the radio)).
事情~される be asked to explain the circumstances.
ラジオ聴取者 a (radio) listener.
聴取率 an audience rating.

2008年11月13日 星期四

一日上樹能千回...悲見生涯百憂集

杜甫《百憂集行(王筠詩百憂俱集斷人腸)》
憶年十五心尚孩,健如黃犢走復來。庭前八月梨棗熟, 一日上樹能千回。即今倏忽已五十,坐臥只多少行立。 強將笑語供主人,悲見生涯百憂集。 入門依舊四壁空,老妻睹我顏色同。 ...

憶年十五心尚孩,健如黃犢走來。
庭前八月梨棗熟,一日上樹能千回。
即今倏忽已五十,坐臥只多少行立。
強將笑語供主人,悲見生涯百憂集。
入門依舊四壁空,老妻睹我顏色同。
癡兒未知父子禮,叫怒索飯啼門東。

2008年11月11日 星期二

出願

オプトロムは10日、台湾のグレートトップテクノロジー(Great Top Technology)と共同で進めている冷陰極蛍光ランプ(CCFL)照明について、関連する特許を共同出願したと発表した。同技術をもとに2009年初旬に製品化と検証を行い、早期に販売を開始する計画。 ...



しゅつがん 出願

an application.
~する apply [make an application] ((for)); file an application ((with)).
~者 an applicant.
~手続き application procedure(s).
特許~中 〔表示〕Patent Pending.

撏撦 撦鼓奪旗

撏撦ㄒㄩㄣˊ ㄔㄜˇ

多方摘取、摭拾。多指剽竊詞句或割裂文義。宋˙劉攽˙貢父詩話:「賜宴,優人有為義山者,衣服敗敝,告人曰:『吾為諸館職撦至此。』」宋˙劉克莊˙跋劉叔安感秋八詞:「耆卿有教坊丁大使,意態美成,頗偷古句,溫李諸人,困於撦。」


拉扯﹑拔取。如:「毛」、「綿扯絮」。唐˙賈島˙原居即事言懷贈孫員外詩:「鑷白髮斷,兵阻尺書傳。」



同「扯」。

撦鼓奪旗
搶奪敵人的戰鼓、軍旗。形容英勇作戰。孤本元明雜劇˙慶賞端陽˙第三折:「我和他做一個本對,試看捉將挾人,鼓奪旗。」

2008年11月10日 星期一

糠玉石


穀粒上剝落下的外皮。如:「米

」、「麥」。莊子˙達生:「不如食以糟,而錯之牢筴之中。」


蘿蔔肉質不結實、不細緻。如:「蘿蔔」。




chaff PhoneticPhoneticPhoneticPhoneticPhoneticPhoneticPhonetic Phonetic PhoneticPhoneticPhoneticPhoneticPhoneticPhonetic Hide phonetics
noun [U]
the outer layer which is separated from grains such as wheat before they are used as food, or dried grass and stems when used to feed cattle

separate the wheat from the chaff
to separate things or people that are of high quality or ability from those that are not:
The first round of interviews really separates the wheat from the chaff.

ぎょくせきこんこう 玉石混交

mixing up the wheat and the chaff.

玉和石頭混在一起。比喻好壞不分。三國演義˙第四十八回:「只是我亦隨軍在此,兵敗之後,玉石不分,豈能免難。」

Ms. Uhry, the consultant, said it was almost impossible to overstate the importance of the essay.

"The first way of separating the wheat from the chaff is to get rid of those essays in which the parents couldn't be bothered enough to write a decent essay or take this whole process seriously," she said. "It is your calling card. It is your entree."



I am committed to my mission of helping organizations implement sound quality management principles to information. This month I describe W. Edwards Deming's 14 Points of Management Transformation and how they apply to information quality (IQ) to help you sort the "wheat from the chaff."

Japanese

もみ 籾

unhulled rice; husks; 《籾がら》chaff.

  1. 粗糠,穀殼
  2. (切細的)草料,秣
  3. 無價值的東西,廢物
  4. 鄰居們因流言蜚語而產生懷疑,這是最無聊不過的事了。
  5. (干擾雷達用的)金屬箔片

2008年11月9日 星期日

開帳 出張

しゅっちょう 出張

《会社員の》a business trip; 《公務員の》an official trip; 《修理などの》a service call.
~する make an official [a business] trip; travel [go] on business.
青森に~を命じられる be sent [ordered] (to go) to Aomori on business.
~教授する give lessons at one's pupil's house.
出張所 an agency; a branch office.
出張旅費 《手当》 a traveling allowance; 《費用》 traveling expenses.




開帳
開列帳目。如:「請你開帳過來,以便年度結算。」


京都・六角堂の本尊、136年ぶりに開帳

 西国三十三所観音霊場の第18番札所、京都市中京区の六角堂(頂法寺)で8日、秘仏の如意輪観音像が13……… (12:40)[記事全文]


かいちょう 開帳

~する exhibit a Buddhist image; 《賭博》open a game of gambling.






未必の故意

未必
不一定。五代史平話˙唐史˙卷下:「事至今日,怎敢愛寶?但恐您此行未必了得事也。」紅樓夢˙第四十九回:「這雪未必晴。縱晴了,這一夜下的也彀賞了。」


 ハイチの首都ポルトープランス郊外で起きた学校の校舎倒壊事故で、地元警察当局者はAP通信に対し、学校のオーナーの聖職者を未必の故意による殺人容疑で8日に逮捕したと述べた。AFP通信によると死者は93人にのぼり、さらに増えるおそれがある。

 同通信によると、この学校には3歳から20歳までの約700人が在籍しており、事故当時は250~300人が校舎内にいたという。校舎の増築工事中に倒壊が起きたとの情報もある。


みひつのこい 未必の故意

dolus eventualis; willful negligence.

2008年11月8日 星期六

屋台/屋体

やたい 1 【屋台/屋体】

(1)「やたいみせ(屋台店)」に同じ。《店》a stall; a stand.
(2)小さな家の形をした台で、中に御神体をまつり、移動できるようにしたもの。祭礼の曳き物としても用いる。
(3)舞台装置の一種。建物に見せるもので、その上で人が立居できるようにしてあるものをいう。
(4)家。特に、小さくて粗末な家。
「―共に馬足にかけ、微塵にするが/浄瑠璃・狩」
(5)祭礼の時に、踊りなどをする台。踊り屋台。

2008年11月5日 星期三

調印 捺印


ㄋㄚˋ |ㄣˋ
將手指著墨,於紙上為憑據。

ちょういん てう― 0 【調印】

(名)スル
条約や協定などの公文書などにそれぞれの代表者が署名・捺印(なついん)すること。署名。記名。
「休戦協定に―する」

2008年11月4日 星期二

弊病

"斃病"真慘

弊病

因處事不嚴謹而產生的缺失。文明小史˙第十五回:「國家不裁釐捐,這些弊總不能除的!」

2008年11月1日 星期六

天秤

一種測量物體重量的裝置。在桿子的兩端各掛一個小盤,一端放要稱的物品,一端放砝碼。當桿子平衡時,砝碼的重量就是物重。如:「中藥店內通常都使用天秤來稱珍貴藥材。」



 出版界は「やる気」と「体力」を天秤(てんびん)にかける新たな時代に突入した。(竹端直樹、浜田奈美)

てんびん 天秤

《はかり》a balance; ((a pair of)) scales; 《さおばかり》a beam; 《天秤棒》a pole.
~にかける weigh〈a thing〉in the balance; 《2つの物を》weigh〈A〉against〈B〉.
天秤座 the Balance; the Scales; Libra.