2008年10月30日 星期四

 唐崇徽公主手痕 欧阳修

 唐崇徽公主手痕

 欧阳修


故乡飞鸟尚啁啾,何况悲笳出塞愁。
  青冢埋魂知不返[2],翠崖遗迹为谁留[3]。
  玉颜自古为身累[4],肉食何人与国谋[5]。
  行路至今空叹息,岩花野草自春秋。


  [1]崇徽公主:唐代宗时与回鹘和亲,以崇徽公主嫁其可汗。据《唐会要》卷六载:“公主,仆固怀恩女,大历四年五月二十四日出嫁回鹘可汗。”手 痕:在今山西灵台。传说公主出嫁回鹘时,路经此地,以手掌托石壁,遂有手痕。[2]青冢:传说王昭君之墓长年长满青草,故名之“青冢”。这里用来代指崇 徽公主之墓。此句化用杜甫诗句:“环佩空归月夜魂。”[3]翠崖遗迹:指崇徽公主手痕。[4]玉颜:代指美丽的女子。[5]肉食何人:肉食人,居官 享俸者。

當出嫁行列經過山西汾州,即將出關的時候,崇徽公主懷著滿腔的怨恨,無奈又絕望 ... 美人含悲而去,石壁上則留下了她手掌的痕跡,後來有人在此,立了一座崇徽公主手痕 .

肉食哂菜色


肉食



以肉類為主要食物的。如:「肉食動物」。
比喻享有優厚供養的人。唐˙杜甫˙贈蘇四徯詩:「肉食哂菜色,少壯欺老翁。」
肉類食物。三國演義˙第五十九回:「舍內飯米、柴火、肉食齊備。」


哂ㄕㄣˇ


微笑。論語˙先進:「夫子之。」宋˙陳師道˙示三子詩:「喜極不得語,淚盡方一。」

譏諷﹑嘲笑。晉書˙卷七十七˙蔡謨傳:「我若為司徒,將為後代所,義不敢拜也。」

2008年10月29日 星期三

四苦八苦

四苦八苦

四苦八苦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦しみの分類。

根本的な苦しみを四苦とし、四苦に加え、

  • 愛別離苦(あいべつりく) - 愛するものと分かれなければならない苦しみ
  • 怨憎会苦(おんぞうえく) - 憎んでいる対象に出会う苦しみ
  • 求不得苦(ぐふとくく) - 欲しいものが得られない苦しみ
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 心身の機能が活発なため起こる苦しみ

の四つを加えて八苦という。

人間の煩悩が108有るといわれるのも、この世が苦しみで満ちているから、という説もある。四九で36、八九で72、合せて108になるという。

[編集] 関連項目

2008年10月28日 星期二

返金



へんきん 返金

(名)スル
借りていた金を返すこと。

repayment; 《払戻し》refundment.
~する return; repay; refund.

2008年10月27日 星期一

打開,再開 ,危機,大手,臆(病)

2008.5.29
中国 台湾と9年ぶり対話再開
NHK
中国と台湾の間で9年間にわたってとだえていた 公式な対話が6月11日から再開されることが決まり、 中台間の直行航空便の運航拡大や中国人の台湾旅 行を全面的に解禁することで合意する見通しです。

中国と台湾:6月11日から対話再開
毎日新聞
【北京・浦松丈二】新華社通信によると、中国の対台 湾窓口、海峡両岸関係協会(海協会)は29日、 台湾の対中窓口、海峡交流基金会(海基会)の江丙 坤(こうへいこん)理事長ら訪問団を6月11~14日 の日程で北京に招請した。江氏も受け入れを表明し、9 9年以来途絶え ...

さいかい 再開


reopening; resumption.
~する resume ((business)); reopen.




胸膛﹑懷抱。如:「胸臆」。唐˙杜甫˙哀江頭詩:「人生有情淚沾臆,江水江花豈終極?」




主觀的﹑私心猜測的。如:「臆度」﹑「臆想」﹑「臆測」。宋˙蘇軾˙石鐘山記:「事不目見耳聞,而臆斷其有無可乎?」


おくびょう 臆病

cowardice; timidity.

・~な cowardly; timid.

・~者 a coward.



おくびょう ―びやう 3 【▼臆病】





(名・形動)[文]ナリ

(1)気が弱く、ささいな事をもこわがって、びくびく・すること(さま)。

「―な男」「―者」

(2)突然の出来事によって、すっかり慌て驚くこと。

「『…あやまちしてけり』と思けるに、よく―しにければ/今昔 28」

〔「憶病」とも書く〕

[派生] ――さ(名)


危機
潛藏的危險、禍害。文選˙趙至˙與嵇茂齊書:「常恐風波潛駭,危機密發。」
唐˙劉言史˙觀蠅伎詩:「危機險勢無不有,倒掛纖腰學垂柳。」
生死成敗的緊要關頭。如:「經濟危機」。

打開

推開﹑拉開。如:「打開門」﹑「打開窗戶」。
翻開。如:「打開書本」、「打開簿子」。
解開。儒林外史˙第一回:「他慌忙打開行李,取出一匹繭紬。」
揭開。如:「打開面紗」﹑「打開鍋蓋」。
使停滯的情況開展或狹小的範圍擴大。如:「打開局面」。

トヨタの危機打開策とは

豊富な資金力と低燃費車へのシフトで景気減速に対応


きき 1 2 【危機】


(1)危険な時期。きわめてあぶない状態。
「―を脱する」「―が迫る」
(2)既存の社会体制価値観などが崩壊しようとする、時代の転換期
「現代は―の時代だ」「―意識」

うちひら・く 4 0 【打(ち)開く】


(動カ五[四])
(1)勢いよくあける。
「門を―・く」
(2)広々としている。開けている。
「是は聞及うだよりは―・いた景のよい庭ぢやなあ/狂言・萩大名(虎寛本)」
(2)は自動詞〕

だかい 0 【打開】


(名)スル
行き詰まった点を切り開くこと。解決の方法を見いだすこと。
「局面の―をはかる」「膠着状態を―する」

1. 大手筆 ㄉㄚˋ ㄕㄡˇ ㄅ|ˇ
2. 大手大腳 ㄉㄚˋ ㄕㄡˇ ㄉㄚˋ ㄐ|ㄠˇ
3. 大手段 ㄉㄚˋ ㄕㄡˇ ㄉㄨㄢˋ
4. 大手腳 ㄉㄚˋ ㄕㄡˇ ㄐ|ㄠˇ
5. 大手印 ㄉㄚˋ ㄕㄡˇ |ㄣˋ

エルピーダがPSCなど台湾3社と事業統合か - 業界再編加速へ
マイコミジャーナル
DRAM専業メーカーのエルピーダメモリが台湾の大手半導体メーカーらと事業統合で大筋合意したと、日本経済新聞が11日付の記事で報じている。エルピーダでは直後に「現時点でそのような決定はない」と報道を否定するコメントを出しているが、もし事業統合が実現すればDRAM ...
このトピックに関する記事をすべて表示する


おおて 大手


~ゼネコン a major general contractor.
生保~5社 the biggest five of life insurance companies.
流通業界の最~ the major company in the packaging and distribution industry.

起工

起工
開始工作。如:「這批新手,幾時起工?」

トヨタ自動車、中国長春新工場建設の起工式を実施
Japan Corporate News Network (プレスリリース)
Aichi, Oct 27, 2008 - (JCN Newswire) - 中国第一汽車集団公司(以下、一汽集団)とトヨタ自動車(TSE:7203)の生産合弁会社である四川一汽トヨタ自動車限会社(Sichuan FAW Toyota Motor Co., Ltd.以下、SFTM)は、10月27日に中国吉林省長春市で新工場建設の起工式を実施 ...

きこう 起工

~式 a ground-breaking ceremony.

2008年10月26日 星期日

唏哩嘩啦

愛情,霹靂嘩啦;

婚姻,唏哩嘩啦。

2008年10月24日 星期五

艱苦卓絕

艱苦卓絕

郭台銘說王永慶

卓絕
傑出,超越一切。三國志˙卷十一˙魏書˙管寧傳:「德行卓絕,海內無偶。」
唐˙韓愈˙進撰平淮西碑文表:「竊惟自古神聖之君,既立殊功異德卓絕之跡,必有奇能博辯之士,為時而生。」


艱苦卓絕
卓絕,超過一切。艱苦卓絕形容極端艱難困苦。清˙方苞˙刁贈君墓表:「習齋遭人倫之變,其艱苦卓絕之行,實眾人所難能。」








立読

立ち読みする


たちよみ 立ち読み


立って読むこと。特に本屋の店先で、本や雑誌を買わずに立ったまま読むこと。

~する browse in a bookshop; read〈books〉in a bookstore.


2008年10月22日 星期三

翂翂翐翐

ㄓˋ

釋義

飛貌。玉篇.羽部:「翐,飛貌。」
瞹翐翐:鳥飛舒遲貌或飛不高貌。集韻.入聲.質韻:「翐
 ,翐翐,飛舒遲貌。」莊子.山木:「其為鳥也,翂翂翐
 翐,而似無能。」唐.陸德明.經典釋文.卷二十七.莊
 子音義中:「司馬玄云:『翂翂翐翐,舒遲貌。』一云:
 飛不高貌。」




【翂】羽-04-10

音讀

ㄈㄣ

釋義

見「翂翂」。
※翂翂:
 形容鳥飛得緩慢的樣子。莊子.山木:「其為鳥也,翂翂翐翐,而似無能。」

翫歲愒日 玩日愒歲



貪。爾雅˙釋言:「,貪也。」左傳˙昭公元年:「翫歲而日。」杜預˙注:「翫、,皆貪也。」

翫歲愒日
 ㄨㄢˋ ㄖˋ ㄎㄞˋ ㄙㄨㄟˋ

怠惰偷安,虛度光陰。清˙李文炤˙勤訓:「無如人之常情,惡勞而好逸,甘食褕衣,玩日歲。」

2008年10月20日 星期一

一知半解「知半庵」

形容人所知不全,了解不深。宋˙嚴羽˙滄浪詩話˙詩辯:「有透徹之悟,有但淂一知半解之悟。」野叟曝言˙第一一八回:「愚兄博覽群書,熟聞母訓,始得一知半解。」


伊豆の大仁にある築200年の古民家「知半庵」を現代美術実験場にするプロジェクトがはじまりました。「知半アートプロジェクト」です。(友人のあわやのぶこさんが始めたので、私も関わっています)
そこでサイト・スペシフィック パーフォーマンス(場所限定の現代舞踊)「IZU HOUSE:伊豆の家」を行います。詳しくはサイトを見てください。(私の感想はこのメールの後ろの方にあります.お時間あったらご一読を)

いっち-はんかい 【一知半解】

一知半解 意味

少ししか分かっておらず、十分に理解していないこと。生半可な知識や理解しかないこと。生かじり。一つの事を知っているが半分しか理解していない意。

一知半解 出典

『滄浪詩話そうろうしわ』詩弁しべん

一知半解 用例

麻の紋付シャツの人は一知半解であったのだと思われる。<井伏鱒二・黒い雨>

一知半解 類義語

言者不智げんしゃふち半知半解はんちはんかい




2008年10月11日 星期六

是非 是是非非 是非是非

是非
事理的對與錯。孟子˙告子上:「是非之心,人皆有之。」
文選˙司馬遷˙報任少卿書:「要之死日,然後是非乃定。」
泛稱口舌的爭論。儒林外史˙第三十二回:「替他免了一場是非,成全了功名。」
紅樓夢˙第一○一回:「鳳姐知道不過是家下婆子們,又不知搬什麼是非。」

是是非非

確定對的,否定錯的。指能明辨是非對錯。荀子˙修身:「是是非非謂之知,非是是非謂之愚。」
各種是非紛爭。孤本元明雜劇˙漠子˙第二折:「猿也你再休向靈臺寄跡,馬也再休向黃庭伏櫪,再休管是是非非。」群音類選˙卷六˙清腔類˙北新水令˙自憐愁病度春秋曲:「樂事成愁,好事成羞,更落得是是非非,斷送人唧唧啾啾。」


 先月30日には、倉本聰さん脚本のフジテレビ系ドラマ「風のガーデン」の制作発表会見に出席。同日付の本人ブログにも「是非是非ご覧下さい」と書き込ん でいたが、その後、体調が急変したという。「風のガーデン」は9日に放送開始。生死、家族愛をみつめる作品で、最後の出演作となった。

ぜひ 1 【是非】


(名)スル
(1)よいことと悪いこと。可否。当否。
「物事の―をわきまえる」「―を論ずる」
(2)善悪・適否を論ずること。批評すること。
「一身の利害を以て天下の事を―す可らず/文明論之概略(諭吉)」
(副)
(1)あることの実現・実行を強く希望する気持ちを表す。どうしても。是が非でも。
「―一度お越し下さい」「―勝ちたい」
(2)必ずそういう結果になることを表す。かならず。きっと。
「道で寄つて暇乞をする、―高岡を通るのだから/義血侠血(鏡花)」
ぜひに
ぜひとも
――に及ば
仕方ない。やむを得ない。
「―ぬ。さほどに思し召さば帰らう/咄本・昨日は今日」
――に叶(かな)
仕方がない。やむを得ない。
「―ぬその時は、わたしが方から知らせをせう/浄瑠璃・卯月の紅葉(中)」
――も知ら
夢中になって我を忘れて。何もわきまえない。
「尼、見るままに―ず臥しまろびて/宇治拾遺 1」
――も無・い
仕方がない。やむを得ない。ぜひない。
「そういう事情なら―・い」

ぜひぜひ 1 【是非是非】


(副)
〔「ぜひ」を重ねて強めた語〕必ず。どうしても。ぜひとも。
「―ご一報を」

ぜひ 是非


《善悪》right and wrong.
~とも without fail; by all means; at any cost.
~もないことだ It can't be helped.


是非

By あり
ある理由から是非試したいと思っていた、薩摩刀豆 なたまめ。封を開けると中からほうじ茶に似た、めちゃ芳ばしい香りの 薩摩刀豆 なたまめ。説明書きの飲み方によると、薩摩刀豆 なたまめ のティーバッグを沸騰後、弱火で5分煮出すんだとか。 ...



ぜひ 【是非】

  • (名)スル
    • (1)よいことと悪いこと。可否。当否。
      • 「物事の—をわきまえる」
      • 「—を論ずる」
    • (2)善悪・適否を論ずること。批評すること。
      • 「一身の利害を以て天下の事を—す可らず/文明論之概略(諭吉)」
  • (副)
    • (1)あることの実現・実行を強く希望する気持ちを表す。どうしても。是が非でも。
      • 「—一度お越し下さい」
      • 「—勝ちたい」
    • (2)必ずそういう結果になることを表す。かならず。きっと。
      • 「道で寄つて暇乞をする、—高岡を通るのだから/義血侠血(鏡花)」
    • ぜひに
    • ぜひとも
    • ——に及ば
    • 仕方ない。やむを得ない。
      • 「—ぬ。さほどに思し召さば帰らう/咄本・昨日は今日」
    • ——に叶(かな)
    • 仕方がない。やむを得ない。
      • 「—ぬその時は、わたしが方から知らせをせう/浄瑠璃・卯月の紅葉(中)」
    • ——も知ら
    • 夢中になって我を忘れて。何もわきまえない。
      • 「尼、見るままに—ず臥しまろびて/宇治拾遺 1」
    • ——も無・い
    • 仕方がない。やむを得ない。ぜひない。
      • 「そういう事情なら—・い」


  • ◆アクセント : ぜひ 1

ぜひ【是非】

1 〔善し悪し〕right and [or] wrong
当時まだ是非もわきまえぬ子供だった
I was then too young to know [tell] right from wrong.
彼らは事の是非を言い争った
They argued about whether it was right or wrong.
我々はこの行事への参加の是非を巡って討論した
We discussed whether or not we ought to take part in this event.
2 〔必ず〕by all means
是非ともお立ち寄りください
Please drop in by all means./Do come and see us.
これは是非読みたいと思っていた本です
This is the book I wanted 「so badly [so much] to read.
ご来訪の前に是非お電話ください
Please be sure to telephone us before you come.
彼女に是非と勧められたのでその映画を見に行った
I went to see the film because she had insisted that I go.
是非(も)ない
彼にしつこく頼まれて是非もなく金を貸した
Since he was so persistent in asking, I had no choice but to lend him money.
開始数十秒で話に引き込まれてしまうので是非この作品を見て欲しい。そして2回目も見たくなるだろう。少女の細かい仕草など丁寧に作られた作品だ。セリフは日本語ではないがそれでも十分に内容は伝わるはず。

2008年10月5日 星期日

佾 佾生 分獻

台北孔廟昨日舉行祭孔大典,許多人清晨三、四時就得起床著裝,加上天氣悶熱、孔廟回字型建築空氣不易流通,釋奠儀節遵古禮太冗長,擔任分獻官的台北市文化局長李永萍祭孔不到廿分鐘就先暈了,另有近廿名樂、佾生臉色發白,砰砰跌倒聲響,引來陣陣尖叫,醫護人員忙翻天





|ˋ
古代樂舞的行列。行數﹑人數縱橫皆相同。舞蹈用佾的多少,代表地位等級的不同,天子八佾、諸侯六、大夫四、士二。論語˙八佾:「八佾舞於庭,是可忍也,孰不可忍也。」

佾生
舊時朝廷或文廟舉行祝典時,表演樂舞的童生。或稱為「舞生」、「樂舞生」。

分獻
祭祀時向配饗者分行獻爵獻帛之禮。唐˙王勃˙拜南郊頌:「玉觴分獻,金錞暢矩。」

2008年10月4日 星期六

鎪刻 淟涊

《宋史·歐陽修傳》:“ 宋興且百年,而文章體裁,猶仍五季馀習,鎪刻駢偶,淟涊弗振, 士因陋守舊,論卑氣弱。”





刻鏤。文選˙左思˙魏都賦:「木無雕,土無綈錦。」

侵﹑蝕。宋˙陸游˙醉中步月湖上詩:「霜風病骨,林月寫孤影。」


淟涊 ㄊ|ㄢˇ ㄋ|ㄢˇ
垢濁而不鮮明。楚辭˙劉向˙九歎˙惜賢:「撥諂諛而匡邪兮,切淟涊之流俗。」
文選˙陸機˙文賦:「謬玄黃之秩敘,故淟涊之不鮮。」

2008年10月3日 星期五

素材

「潤る茶」は、体を中からうるおす12の素材をブレンド。はと麦、玄米、大麦、ハブ茶、とうもろこし、大豆といった香ばしい味わいの素材をベースに、話題 の健康素材である大麦若葉、黒豆、黒胡麻をブレンドし、さらに、うるおいのスペシャル素材として、コラーゲン、キダチアロエ、ゆずを加えている。これらの 素材を「純水」で仕上げることで、クリアでみずみずしい味わいを実現したという。また、カフェイン「ゼロ」でさっぱりと飲みやすく体に優しくしみわたるの で、性別・年代問わず、さらにシーンや時間帯を選ばずに飲むことができる。

素材

文學或藝術作品裡所用的材料。為法語 Motif的義譯。亦作「材料」。

そざい 0 【素材】

(1)もとになる材料。原料。
「―の持ち味を生かす」
(2)芸術作品の題材となる自然や人事。
「作者自身の体験を―としている」
(3)伐採し、適当に切断しただけの木材。原木。